適性検査CUBICは中小企業のための簡単・スピード適性検査です。

適性検査CUBICの信頼係数について

適性検査の回答は受検者の自己評価であり、自己防衛的に回答を操作できるのではないかということは誰もが考えるところです。
しかし、適性検査CUBICでは回答の際に他の思考が働き、本人の意志に反した場合のために、一つの質問にいくつかの対称問題を入れ、信頼係数(回答の確かさ)を測定しています。

以下、信頼係数の低い順に4区分で表示しています。

(1)回答に矛盾したところがおおく、信頼性に欠ける診断結果が出力された可能性がある。
(2)回答の正確さにやや欠けているが、全く信頼できないというほどの診断結果ではない。
(3)回答に多少あいまいなところもあるが、およその部分が信頼のできる診断結果である。
(4)回答の信頼性は高く、矛盾したところがほとんどなく、信頼のできる診断結果である。

この係数は、因子関係に矛盾があるごとに係数は下がります。
(主に「どういう性格・パーソナリティか」の因子バランスから信頼係数を取っています)が、係数が低下している際は、データ全体の信頼度も低くなっていると考えて下さい。

資料請求&無料お試し(2名分)お申し込みはこちら

ご利用実績都道府県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県
愛知県岐阜県静岡県三重県
熊本県福岡県鹿児島県大分県宮崎県佐賀県
富山県宮城県福島県新潟県
広島県岡山県愛媛県北海道

提携サイト
  • 中小企業の社長様は中小企業の業績を向上させる 株式会社ベストビジネス
  • 歯科医院の先生は歯科医院の業績を向上させる 株式会社ベストビジネス