適性検査CUBICは中小企業のための簡単・スピード適性検査です。

新着情報

内定者つなぎ留めに汗

CUBIC適性検査担当のアカホシです(^.^)

 

大手企業の面接解禁から約1か月がたち、2018年春卒の学生を対象とする

採用活動の焦点が内定者つなぎ留めに移ってきました。

リクルートキャリアが7月1日に発表した時点の内定率78.5%という空前の売り手市場が続く中、

色々な方法で内定者の他社への流出を防ごうとしているようです。

 

ニトリ・・・商品や事業について提案する会を内々定者にも活用

東京エレクトロン・・・内々定者が参加する懇親会や、社員が1対1で会社について説明する面談を随時開催

JTB・・・仕事の模擬体験や社員とのミーティングなどによって業務を知ってもらう仕事講座を実施

など。

その甲斐あってか、「入社意欲は当初低かったが、社員と話をしたら魅力が増した」という女子学生も。

 

企業が内々定を出した後の結びつきも重視するのは、入社先を決めていない学生が多くいるためで、

近年の人手不足などを背景に、学生1に当たりの内定取得は2.39社。

さらに、大手銀行など人気企業で秋採用が増え、通年採用に切り替える企業もあり、

内々定をいくつかすでに持っていても、就活を続ける学生が存在するようです。

また、コミュニケーションを深める対象は、入社してもらいたい学生本人だけでなく両親や祖父母にも。

「親の意見を判断材料のひとつとして重視する学生が増えている」というのは

ホームセンターのカインズ。

 

親は一番身近な人生の先輩といってしまえば頼りたくなるのも当然かもしれませんが、

自分の働く会社ぐらい自分自身で決め欲しいものです。

(記事引用:日本経済新聞29年7月12日付)

資料請求&無料お試し(2名分)お申し込みはこちら

ご利用実績都道府県

東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県
愛知県岐阜県静岡県三重県
熊本県福岡県鹿児島県大分県宮崎県佐賀県
富山県宮城県福島県新潟県
広島県岡山県愛媛県北海道

提携サイト
  • 中小企業の社長様は中小企業の業績を向上させる 株式会社ベストビジネス
  • 歯科医院の先生は歯科医院の業績を向上させる 株式会社ベストビジネス