CUBIC適性検査とは?Feature

CUBIC適性検査とは?

誰を採用したらよいのか、どうも決め手がない…

確信を持って決定する自信がない…

最適な人材配置かどうか自信が持てない…

CUBIC適性検査は、面接時の留意点を確認したり、採用判定の基礎データとして活用できます。 また、採用後の配置先の検討資料としても活かせます。

人には、いろいろな個性があり、その能力、性格にも特徴があります。 各人がその特性に応じて、適した分野の仕事を受け持つことが、 本人にとっても会社にとっても望ましいことです。

同時に伸ばす点、あるいは改善点を知ることも必要です。

CUBIC適性検査は、組織にふさわしいか否かを判断するだけでなく、 この人にはこういう仕事が向いているのではないかといった、予測・可能性の もとで、 会社内の人事を科学的・合理的に進めていくことができます。

CUBIC適性検査の開発経緯

  • 慶應義塾大学組織心理学研究グループの佐野教授を中心とした、大手鉄鋼会社の新人事制度作成委員会が始まり。
  • その時行われた組織改革を本格的システムとして完成させるべく行動科学分析研究所が設立され、研究開発がスタート。
  • 8年間にわたる研究の中で、大手・中小企業で実際に運用し改善を重ね、平成6年10月にリリース。

CUBIC適性検査の特徴

  • 回答の信頼性を測定できるので、ウソの回答をしても分かります。
  • 検査結果の内容分析が簡単です。(素人でも見やすく分かりやすい)
  • ストレスに弱い人材を見抜けます。
  • 試験時間が短時間(約20分)で行えます。
  • 検査結果を素早くお渡しできます。(最短当日~遅くとも翌営業日)
  • 料金が安い(1300円~2000円/1人・消費税別)
  • 信頼性が高い(AGP行動科学分析研究所が5万人のデータをもとに作成)
2018 ⓒ Best Business Co., Ltd.